リフレクソロジーのすべてについて

 テレビや雑誌などで「リフレクソロジー」について聞いたことがある方は多いと思います。リフレクソロジーは足裏のつぼを刺激するもので、すごく痛そうなイメージがあるかもしれません。しかし、リフレクソロジーにも種類があり、英国式、中国式、タイ式などがあり、痛さもまた違います。ここでは、色々なリフレクソロジーの基礎知識、色々な体験談、各つぼについて等、たくさんの情報を集めました。少しでも興味のある方は、是非熟読して体験してみてはいかがでしょう。

コンテンツ一覧
リフレクソロジーのすべて 新着情報

リフレクソロジーについてご紹介します。リフレクソロジーときくと足つぼを刺激するあの痛~いマッサージをイメージしてしまいますか?テレビの罰ゲームなどでもよく目にする、あのマッサージです。それとも、今にも眠りにつきそうな癒し系のマッサージをおもい浮かびましたか?セレブな女性たちが、リラックスしながらうけるリフレクソロジーもとてもステキです。

リフレクソロジーは、足に溜まってしまった害をもたらすしこりを揉み解して分解するという方法です。このしこりって、いったい何だと思いますか?実はこれ、体が疲れた時などにでる尿酸や乳酸なのです。このしこりを、リフレクソロジーにより分解してあげると、血液の中に押し戻して排泄することができます。そうすることによって血行障害を防止して、病気の原因を断ち切ることが可能になるのです。

リフレクソロジーは、足裏のつぼを刺激するもので、人間の足裏には、体の臓器や器官が反射して投影されています。頭であれば、親指です。そして子宮はかかとの内側、このように、それぞれの反射区があるということなのです。その為、指を使ってその反射体を刺激することによって生理機能が刺激を受けて活性化していくのです。その結果、血液循環が良くなっていき健康回復や健康維持にもつながります。

ザ・ボディショップ「リフレクソロジーサロン」についてご紹介します。ザ・ボディショップ「リフレクソロジーサロン」では、人気製品を使った本格的なリフレクソロジーを行っています。リフレクソロジーは、身体の各器官を投影する足裏にある「反射区」を指で刺激しながら血行を促進していき、身体に溜まった老廃物を排出するトリートメントのことです。

ザ・ボディショップ「リフレクソロジーサロン」では疲労回復やリフレッシュなど、目的や香りによって選ぶことができるさまざまなコースを用意しています。施術ではまず、フットバスで足をあたためて血行を促します。そして、そのに後パウダーやオイルを使用したリフレクソロジーを行っていきます。

仕上げにはクリームやローションで保湿をおこないます。サロンでは心地よいBGMが流れておりアロマの香り漂う落ちついた店内で、心からリラックスできるのではないでしょうか。トリートメントが終了した後には、リフレクソロジストが体の疲れている箇所や、日常のケアについてアドバイスをしてくれます。

リフレクソロジーの職業について男女の比率をみてみると 9:1 の割合で女性が圧倒的に多いことがわかります。そのため、まずリフレクソロジースクールを卒業してから一般のサロンに就職しようと考えている女性向けに限ってお話していきます。まず、大事にしていただきたい点は「健康管理」です。

リフレクソロジーサロンに来店される方は、どこかに「疲れ」を感じている方がほとんどです。その疲れも「肉体的な疲労」と「精神的な疲労」に分けることが出来ます。そして、大半の方が肉体的疲労と精神的疲労が混同されていると言っていも良いでしょう。そのような方たちを相手に施術をおこなうのが「仕事としてのリフレクソロジー」です。

そのため、リフレクソロジスト自身の心身が疲れていていたら仕事になりませんよね。リフレクソロジストの場合は、日々の疲労を翌日に持ち越さないようにしたほうがよいでしょう。もちろん生身の人間なので、リフレクソロジストも肩も凝りますし腰痛を感じることがあります。一日中、指先を動かしたり、中腰になったり、そして立ったり、座ったりしますし重いフットバスも扱います。

サロンデビューをする前には、必ず「基礎体力」をつけるようにして肩こりや腰痛、膝痛に対するセルフケアのスキルも身につけておくとよいでしょう

リフレクソロジーの仕事を自宅開業しようと考えているかたもいますよね。また店舗を構えてサロンを開業しようとしている方もいますよね。すべてに当てはまることなのですが、開業するということは自営業者になるということですよね。もしも会社勤めをしていた場合は所属部署というものがありますし、役職などもあります。組織図というものはその会社ごとに異なります。しかし、自営業者の場合は違いますよね。自営業者になった場合にすべてを自分でやらなければならないのです。

そして責任も全部、自分でとならければなりません。最終的な責任者はあなたなのです。上役がいないということなのでサロンでスタッフ、(セラピストも含む)を雇わなければ、何から何まで自分で考えていかなければならないのです。それは営業もそうですし、広告宣伝や備品調達、経理、人を雇えば人事管理なども当てはまります。勤ていたときに比べれば、その仕事の範囲の広さは計り知れないでしょう。そのすべてにあなたが責任を負っていかなければならないのです。

当たり前のことでは?と感じるかたもいるかもしれませんが、開業してすぐに仕事が軌道に乗れば、「忙しくて大変だとね」といいながらも笑ってすべてやっていくこともできますし、利益があれば他の人に依頼することも可能でしょう。問題は、そうではなかった場合です。経験豊かな優秀な経営者は別ですが、商売の素人が始める場合は、色々なことに加味して綿密に立てた計画であってもその通りにいかないということを把握しておきましょう。想定外のこともあるということをきちんと把握しておきましょう。

西洋式(英国式)リフレクソロジーは、足裏のマッサージではありません。また、足ツボマッサージでもありません。まったくの別世界のものです。西洋式リフレクソロジーは身体的な効果だけがあるのではありません。 リフレクソロジーにより、心地よい「癒しの世界」に入り込んで行くことができるのです。脳からα波が出ますので、リラックスした状態になります。

施術をうけているとその内、眠ってしまう方がほとんどなのです。そして目覚めの後は、気分がスッキリとしているというように「リフレッシュ効果」もあります。さらに、直接足裏を刺激するだけではありません。室内には、心地よいヒーリングミュージックが流れていますので、アロマの素敵な香りで心も身体もだんだんと満たされていくのです。

リフレクソロジーは治療行為ではありません。しかし結果的にいえば肩こりや腰痛、眼精疲労、便秘、足のむくみ、などの身体の不調が改善されていきます。そのようなお客様がたくさんいらっしゃるようです。あなたもプロのリフレクソロジストによる施術を受けてみてはいかがでしょうか。施術が終わったらきっと病みつきになってしまうのではないでしょうか。